冷蔵タイプの宅配ボックス

注文した魚介類を守ろう

ずっと気温の高い場所に置いておくと、魚介類の鮮度が落ちます。
宅配ボックスに入れるなら、冷蔵機能が備わっているものが良いでしょう。
それなら冷蔵庫に入れている状態と変わらないので、鮮度が落ちる心配はありません。
頻繁に通販を利用している人は、宅配ボックスをすでに自宅に設置しているかもしれませんね。

しかし冷蔵機能が備わっていない場合は、別の宅配ボックスを購入した方が良いです。
これから宅配ボックスを購入する予定の人は、冷蔵機能が備わっていることを条件に洗濯しましょう。
今は魚介類などの生鮮食品を購入するつもりがなくても、将来購入するかもすれません。
その時に後悔しないよう、きちんと宅配ボックスを選びましょう。

宅配ボックスのサイズ

たくさんの魚介類を一気に注文すると、大きな荷物になります。
大きな宅配ボックスだったら無事に入れられますが、小さい宅配ボックスは入りきらないので、宅配業者が持って帰ってしまいます。
自分が帰宅してから再配達を依頼しなければいけないので、手間を削減できません。
自宅に置けるサイズで最も大きいものが良いでしょう。

サイズが大きくなると、価格が高くなります。
すると、できるだけ小さいサイズが良いと考えてしまう人が見られます。
しかし小さい宅配ボックスでは、使用できる機械が限られます。
使用する頻度が少ないと、持っていても意味がないでしょう。
何を買っても荷物を入れられるように、大きなサイズを最初から選ぶことをおすすめします。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る